Mangia Amore (マンジャ アモーレ)
ブログ

月別アーカイブ: 2017年6月

下北沢 ソーセージ その3

image1_2.JPG image2_2.JPG image3.JPG

寝てる途中で起きちゃった時は、薄目でなるべくゆっくり歩いて
頭も体も起こさないようにしています。寝付けなくなると不快なので。
効果の程は知りません。でも自分自身は誤魔化せています。

こんにちは。MangiaAmoreです。

サボっちゃいましたね。ネタ切れとかではないですよ。
純粋にサボりました。

ソーセージがまだ続きでした。前回は練りました。
次は詰めます。
ミンサーとかソーセージ詰めマシーンとかは持ってないので、
絞り袋で詰めてます。人力です。筋肉です。
そんな都合もあるので、練った後は柔らかめになるようにしています。
筋肉無いので。非力ですから。
豚腸に詰めます。2枚目の画像が豚腸です。
豚腸だとフランクフルト、羊腸だとウィンナーです。
太さの違いですね。

で、詰めたらお好みのサイズで捻っていきます。
なので詰める時パンパンにすると、捻った時破裂します。
破裂すると、がっかりします。
端っこは団子結びとか適当です。

詰めたら表面を乾燥させつつ、なんとなく熟成させましょう。
冷蔵庫の中が安全ですね。うちでは表面の乾燥は扇風機にあてて、
その後満遍なく乾燥するように2〜3日配置?を変えながらの冷蔵庫です。
色があまりよくないのは発色剤とかを入れてないからです。
無添加です。

長くなりましたが、もう完成真近なので。

捻ったところがカリカリに乾いたらいいと思います。
ハサミとかで切り離せば、ソーセージだよ(キテレツ大百科のオープニング風に)。
生ソーセージの完成です。後は焼くなり茹でるなりお好みで。

なんだよ、長ぇよ。ってなりますよね?
そんな時は是非、

ご来店お待ちしております。

MangiaAmore

下北沢 ソーセージその2

image2.JPG image1.JPG

下北沢はちょうど夕立ちです。失礼しちゃう。

こんばんは。MangiaAmoreです。

平井さんによると、早ければ今週梅雨入りになるかもらしいです。
平井さんも長いですよねぇ。平井さん好きなんですよ。

すっかりソーセージのその後を上げてませんでした。
ハーブを刻んだとこまででしたね。
次はお肉をよく練ります。うちでは粗挽きの豚挽き肉のみで一回で2㎏仕込みます。
お肉は冷たい状態で。ダレないようにですかね。
1%くらいの塩と適量の胡椒をして練ります。
白っぽくなるまでとかいいますが、そのくらい練ります。
筋肉的にはここが一番キツいと、オレの筋肉が言ってます。
あと地味に手が冷たいです。頑張って耐えるしかないです。
そして画像は練る前と後とです。

なんか長くなったのでここまでにします。塩はお好みで加減してます。

また忘れてましたが、今日はお休みです。
よろしくお願いします。では、

ご来店お待ちしております。

MangiaAmore